GitHubにSSH接続する完全版
Section: Technology

Gitの設定

Gitのインストール

まずGitをインストールする。

Windowsの場合

Gitの公式ページのDownload for WindowsClick here to downloadからダウンロードし、インストールを行う。

Ubuntuの場合

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo apt install git

ユーザとEメールの設定

次に個人の識別情報を設定する。

git config --global user.name "<ユーザ名>"
git config --global user.email <メールアドレス>

SSH鍵の作成

コマンドラインで

ssh-keygen -t ed25519

と入力する。

ファイルの保存場所やパスフレーズなどを入力するように、次々と聞かれるため、適宜設定を行う。

こだわりがなければ、何度かEnterを押す。今回はこのような設定を行った場合での説明を行う。

公開鍵をGitHubに登録

GitHub公式サイトにログインまたは新規登録を行い、SSH keys / Add newに行く。

Titleは後でわかるようなものを任意の題名を入力する。

Keyでは、先ほど作成したSSHの公開鍵を入力する。.sshのディレクトリ(Windowsの例: C:\Users\<ユーザ名>\.ssh)にid_ed25519.pubというファイルがあるので、そのファイルの中身をコピペする。

中身は、

ssh-ed25519 <約100字の文字列>

のようになっている。

そしてAdd SSH keyを押す。

configファイルに登録

今後複数のSSH接続を行う可能性もあるため、configファイルで設定を行う。

Host github
    HostName github.com
    IdentityFile ~/.ssh/id_ed25519
    User git

以上が書かれているconfigというファイルを、.sshのディレクトリに作成する。